自家用車を購入する場合の費用に関して

ディーラーなどから新しく車を購入する場合、設定されている車両本体価格に加えて、法定費用などの諸経費がかかります。車両本体価格とは、ディーラーが提示している自動車本体の価格及び、車検などの法律で定められた点検整備費用を指します。また、販売店によっては、特定期間、または走行距離に対しての保証が付与されている場合があり、車両本体価格に含まれます。さらに、自動車税や環境性能税と呼ばれる税金に加え、自動車損害賠償責任保険と呼ばれる強制保険も、購入時の諸経費に含まれるででしょう。 こうした車両本体価格と諸経費を合わせた価格が、自動車購入時にかかる総支払額と呼ばれます。ただし、クリーニングなどの納車にかかる費用や販売手数料、陸運局以外における登録費用に加え、下取りにかかる費用は、総支払額に含まれないケースが一般的です。

下取り価格は中古車には適応されない

自動車を新しく買い換える場合に、すでに持っている自動車をディーラーなどに売却する場合、一般的に下取りと言われます。原則として、同じメーカーの車種を新規で購入する場合に、購入代金の一部として適応されますが、メーカーによって車種ごとに下取り価格は決まっています。ただし、発売されて間もない車種に買い換えるケースでは、キャンペーンとして査定額が高くなる傾向がありますが、その場合でも新車の値引きとしての側面が強くなります。 対して、今持っている自動車を中古車に買い換える場合は、専門の業者に買い取ってもらう手続きが必要です。買い取った自動車を再販売するといった点で下取りとは大きく異なる事情もあり、中古車の場合には下取り価格という言葉自体が使われない点に注意します。